ポストが空いているか否か

生活相談員になるには、最低限資格か介護系の実務経験を持っておくことが必要になります。ただ、実際にそのポストを与えるかどうかは事業所の長の判断によるところが大きいので、資格を持っていたとしてもすぐに生活相談員として働けるわけではありません。

介護事業所には最低でも一人は相談員を配置しなければならないと決まっていますが、すでに一人いる場合には空きが出ずに、次の希望者は待機しなければなりません。その人の勤務期間がどの程度になるのかは誰にも分からないことなので、それはタイミングとしか言いようがありません。

待っている間に相談員資格を持つ人が、施設に数人現れてしまえば、その中からまた競争が生まれます。希望すれば即できるというタイプの仕事ではないのです。そういった意味では、通常の会社における管理職のような感じかもしれません。事業所で相談員になることが厳しい場合は、他の事業所に移動をしてみてもいいでしょう。

高齢化と共に介護施設はどんどん増えてきているため、探せばポストが空いている事業所は容易に見つけ出せるかもしれません。特に都市部では、人が集まらない事業所が数多く存在しています。相談員を目指せるだけの実務経験があれば、新しい事業所へ入るのは非常に簡単なことなはずです。積極的に自分の希望を叶えてくれる場所へ移動するのは悪いことではありません。職場を転々とできるのは、人材需要と人の流動性が高い介護業界だからこそできることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です