生活相談員に必要なスキル

介護の相談員として活躍している方の中には、「誰かのために何かをしたい」と考え、介護職に就いた方は多いと思います。「相談員となり利用者の方にとって良いプランを考えるやりがいを感じたい」と考え、相談員という道を選ぼうとしている方もいるでしょう。相談員は柔軟性が求められることから業務がハッキリしないため、いざ転職となった時、「このスキルで大丈夫だろうか?」と不安になるかもしれません。

そんな方のために相談員に求められるスキルについて、言及したいと思います。相談員になれば、利用者の方、施設のスタッフなど、様々な人と接する仕事となります。常に利用者のことを考え、プランなどを組み立てていくことが必要となるため、面倒見の良さは必要不可欠といえるでしょう。そして、コミュニケーションスキルも欠かせないスキルのひとつ。コミュニケーション力が足りないのであれば、利用者がどういったことを求めているのか、どういったサービスを必要としているのかを判断することができません。

また、介護の知識だけではなく、福祉関連の法律に関しても知識を身に付けておくことが必要となります。その他、様々な施設の特長などを知っておくことも求められます。これらの知識がなければ、利用者にとって的確な提案をすることはできません。

生活相談員として採用されるためには、資格を取得しておくことをオススメします。特に民間の有料老人ホームなどへの転職を希望している方であれば、資格取得をしていることが大きな武器となりますから、資格取得を目指して準備をしていくことが大切です。相談員としての活躍を考えている方は、これらを参考に自分のスキルを見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です